脂肪肝

加齢につれていくらか健康診断で問題がちょくちょくあらわれています。自分と同じく、そういった方も多いのではないでしょうか。この脂肪肝もそうです。自分は血液検査での数値で指摘をされてしまいました。

脂肪肝」って聞いたことあるようなないような? 自分はよく知らない病気です。肝臓と言えばお酒?くらいの浅い知識しかありません。

そろそろ年度も変わり、温かくもなってきましたので、真面目に改善を考えようと調べてみました。なかなかに流行りの病気のようですよ。

脂肪肝とは

流行りの生活習慣病

その名の通り肝臓に脂肪がたまってしまうことです。まるでフォアグラのごとくですね。肝細胞の30%が脂肪となっていることを「脂肪肝」と呼ぶとのこと。だいたいが体脂肪率肥満指数と相関していて、皮下脂肪が肝臓にまで、というのが通例のようです。

ここ最近増加してきている生活習慣病のひとつで、およそ日本人の4人に1人がかかっているとの統計もあります。安心しました、ではいけませんね。こんな話でよく耳にする「食生活の欧米化」が原因なのでしょう。

静かに忍び寄る

肝臓は「沈黙の臓器」といわれるように、脂肪肝にも自覚症状がありません。自分もそうでした。突然ある時期を境に、検査で指摘されるようになりましたね。

症状がないために治療や対処が遅れがちになるのですが、怖いのがその進化・悪化です。まるで出世魚のごとく

脂肪肝 ⇒ 脂肪性肝炎 ⇒ 肝硬変 ⇒ 肝がん

このように変化していきます。さすがの無知でも後ろ二つがヤバイというのはわかります。

そんなわけで、たかが脂肪やで〜と放っておいてはマズいのであります(自戒)。

脂肪肝の原因

一番は食生活

脂肪が肝臓につくこと、ですからやはり食生活が一番の原因となります。摂取したカロリーと消費カロリーを比べて、前者が多ければどこかにお肉がついてしまう、簡単なカラクリです。

また飲酒も原因の一つとされ、「アルコール性脂肪肝」と呼ばれます。アルコールはほとんどが肝臓で解毒されて体外へ排出されます。しかしながらその過程で肝臓の働きが悪くなってしまうと脂肪が溜まってしまうとのこと。飲む量が大事のようで連日連夜飲み歩くような人は危なそうですね。

あまりお酒を飲まない人も

自分がそうなのですが、あまりお酒を飲みません。飲めないのではなく、別に飲みたいと思わないのです。なので「飲み会だけ飲む」というスタイルです。

こんなスタイルの人が多いのかはさておき、アルコール摂取は少ないが脂肪肝という人が増えてきているそうです。このタイプを「非アルコール性脂肪肝」と呼びます。

原因は直球で「食べ過ぎ」とのこと。肥満の方が多いとか。むしろ肥満の方は内臓から太りますから、普通は該当すると先生に言われました。うーん、確かに自分も太ってきましたねぇ、学生時代から比べると。なのでもうひとつ「運動不足」も原因になりますね。

こちらタイプの患者が増えてきてるそうで「飽食の時代の肝臓病」と言われてきているそうです。ファーストフードやコンビニ弁当など考えずに食べてきてたらそうなりますよね。

脂肪肝の治療法

原因の反対が治療法です

治療方法はいたってシンプルで、

ライフスタイルの見直し

これに尽きます。軽い脂肪肝だとこれで十分に改善するそうです。幸い自分はこのステージ。

具体的には

  • バランスの良い食事
  • 適度な運動
  • 規則的な生活、睡眠

これが出来たら病気にはなりようがないでしょう、という感想(^_^;) 先程書いた原因の逆を日々していけば、解消していくとの話でした。

アルコールが原因の人は、上に加え禁酒をすることが何よりの方法とのことです。

自分としては、まず心がけるのは適度な食事量でしょうか。腹八分とはよく言ったものです。あとは定期的に体重計に乗ることですね。己を知ることが第一です。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする