腸内フローラ

「腸内フローラ」という言葉を最近よく耳にするようになりました。話の流れから健康と紐付いたものだということはわかります。ですが、よくわかっていない人も多いはずです。

健康と密接に関わっている腸内フローラを調べてみました。知っていそうなことも実は事情が違ってたりと、「なるほど〜」と思うこともいくつかありました。

腸内フローラとは

我々の腸内にはご存知の通り非常に多くの細菌が生息しています。数にして600兆個以上。種類だと数百種になるとか。想像できませんね、ここまでくると。

顕微鏡で覗くとそれがまるで植物が群生している「お花畑」に似ていたことから「腸内フローラ」と呼ばれるようになったそうです。floraとはそういう意味からきてたんですね。

腸内環境

これもよく耳にする言葉です。腸内環境とは、腸内にある細菌のバランスで構成されています。

腸内細菌とは大きく三種類にわけられます。

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

上2つは有名ですが、「日和見菌(ひよりみきん)」は初耳です。この菌はその名の通り善玉・悪玉どちらにも属さないのですが、どちらかが優勢になるとそちらに加勢する菌なのだそうです。野次馬みたいな菌ですね〜。

これらのバランスが腸内環境となりますので、悪玉菌が増えると日和見菌の協力もあり、どんどん悪化が進んでしまうことになってしまうのです。

理想のバランス

3種の細菌が共存しているわけですが、その割合には理想的な配分があるとのこと。

その配分が「善玉菌:2割 悪玉菌:1割 日和見菌:7割」となるのだそうです。

ここまでの話から『善玉 > 悪玉』とするべきなのは明確ですね。それでも倍ほど多い必要があるとは知りませんでした。余裕をみてということもあるのかもしれません。

だだし困ったことに理想の割合がわかったところで、今どのような状態なのかは自分ではわかりません。意識を下腹部に集中すると・・・無理です(# ゚Д゚)

常日頃から善玉菌の摂取を心がけることが重要ですね。

バランスが崩れると・・・

腸内フローラのバランスは日々変化しています。体調やストレスといった自身の状況・生活環境や食生活や薬のような摂取したものにも影響を受けます。

バランスが崩れる = 悪玉菌が優位になると身体に変化が現れます。便秘や下痢といったまさにお腹の調子から、肌荒れや老化といったことも引き起こすとされています。

ある意味こういったサインが出てきた場合、腸内フローラを疑ってみる必要があるといえるでしょう。

そのためには善玉菌が優位になるようにしないといけないわけですが、その代表は乳酸菌です。スーパーで並んでいるヨーグルトを見てみると、乳酸菌それ自体が名前になっていたりと非常に分かりやすくなっています。ココ最近特に増えてきた印象。

定期的に摂取して善玉菌を補充しておくことが重要ですね。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする