扁桃腺炎に悩まされてます

私事ですが、定期的に扁桃腺が原因で体調を崩すのです。つい最近にもありました。まあ、慣れたものなのですがさすがに辛いのです。 周りに言うと「自分も自分も」結構な人が苦しめられてるそうな。最初は風邪と思うのですが風邪薬がなかなか効かず、結局病院に 行くことになります。

切除をすればよい、とよく聞きますがどうなのでしょう。真面目に調べてみました。

扁桃腺とは

舌の付け根の両サイドにあるのが扁桃腺です。通常は7歳くらいまで大きくなってそれからは小さくなっていくそうです。 機能としては体外から入ってくる細菌やウィルスをブロックしてくれる免疫器官。入り口の傍にありますから、大事な門番ですね。

しかし疲労やストレスなどで抵抗力が低下することで、細菌がブロックできなくなりその場で病原菌が増殖。炎症が起きて扁桃腺が大きく腫れてしまいます。これが扁桃腺炎というものです。自分も今回病院で診察を受けたのですが、口の中を診てもらってスグに言われましたね。 それぐらいハッキリとわかるほど腫れてしまいます。

扁桃腺炎の症状

まずは喉が痛くなります。赤く腫れ、食べ物や飲み物を飲み込むのがしんどくなります。ただここまでいくのはだいぶ時間がかかるんですよね。なので風邪だと最初は思ってしまいます。それが治療を遅らせることになるのです。

具体的な症状をまとめると

・喉の痛み
・発熱
・頭痛
・ダルさ、関節痛

こんな症状が多いそうです。自分は熱はまだ上がってませんでしたが、今回は診察後に上がってましたね。その分、解熱の薬が貰えてない?!と とても心配になりました。

扁桃腺炎の治療

基本は抗生物質を内服することになります。扁桃腺炎の原因となる菌が多く特定しにくいために抗生物質を投与することで治療をするのだそうです。他にも鎮痛解熱剤も使用することもあります。自分はさらに喉の薬を処方されてましたね。1週間位安静にすると腫れも治まり、快方に向かってくれます。

以上のようにある程度簡単に治るのです。自分も日に日に楽になっていきました。ただ、扁桃腺炎になる人は頻繁にそうなります。元々大きいとか理由はあるそうなのですが、となると根本治療をしなくては、、、という話になるのです。

続きは次の機会に。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする