飲む紫外線対策

これからは飲んでUV対策

「飲む日焼け止め」このキーワードが徐々に浸透してきている気がします。雑誌やCMなんかでですね。

皮膚科によるデータでは、夏が終わった11月ころに「シミ」に困った患者さんが多く来院されるそうです。これから何がわかるかというと、夏の間に十分な紫外線日焼け対策が出来ていない人が多いということです。毎年のように、目につくところに広告され、ドラッグストアやデパートでも目立つポップがされていてもです。

来院されてるなかには、忘れずに塗っていたという方も多いでしょう。

自分は肌が弱く、強い日差しを浴びてしまうと日焼けというより火傷に近い状態になってしまいます。日焼けで黒く、ではなく赤くですね。常に日焼け止めを持ち歩いて使用していても十分には出来ていません。かといって長袖は暑がりの汗かきなので不可能なのです(´・ω・`)

日焼け止めクリームを塗っていますけど

それが唯一にしてベストな紫外線対策とされていますが、なかなか満足にいきません。

  • 実はどれくらい塗らないといけないか知らない
  • 汗などで知らずに落ちてしまう
  • 塗ることができない場所がある
  • めんどくさい
  • 忘れてしまう

思い当たる節があるはずです。自分はどれも当てはまりました。女性はお化粧もしなくてはいけませんから、一層手間です。

海外では

「日焼け止めクリームを塗りすぎてもダメ」

こんなデータ、情報も出てきたとか。後から覆されるという「世間のあるある」ですね。

一方で老化の原因ともなる紫外線。放っておくわけにはいかないのです。

麦わら帽子とサングラス

ホワイタス whitas

そんな状況から開発されたのが「飲む日焼け止め」になります。身体の中から紫外線対策をすることで、効果的にケアすることができます。もちろん、上に書いたような心配や手間も無くなりますよね。

ディープ紫外線」という言葉もご存知だと思います。紫外線が肌の中に入り込んでくることがわかったわけで、肌表面だけでなく身体の中もきちんと準備をしないといけないと思いますね。


紫外線対策クリームだけではもう限界っ!ついにデビュー!

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする