PlayStation VRをゼロから楽しむには・・・

本日発売となりました。購入されて既に楽しまれてる人もいるんでしょうね。

先に言うと私は買えてません。そもそもPS4から買わないといけない身分。悲しい話です。

単純にゲームとしてじゃなく魅力的なアイテムです。ヘッドセットをカブるだけで、目の前360°すべてがディスプレイとか、どんな景色なんでしょう。

対応していないゲームや映画も仮想空間内で超拡大表示。2.5メートル先に200インチ以上の大画面で表示させることもできます。生活変わってしまいますね\(^o^)/

ゼロからVRをプレイするには

ちょっと計算してみましょう。プレイするには、「PSVR」「PS4」そして「PlayStation Camera」が必要です。

最後の「PSCamera」は利用していないゲームでは不要だそうですが、PSVRの初期設定で必要みたいですね。どんなゲームがそうなのかはわかりませんが、やはり設置はしておいたほうが良いのでしょう。

ということで簡単にこれらを揃えるとすると、

◇PS4
 ・500GB: 29,980円(税別)
 ・1TB : 34,980円(税別)

◇PSVR
 ・44,980円(399ドル)(税別)

◇PlayStation Camera
 ・5,980円(税別)

ゲームはダウンロードが基本なので1TBをチョイスしたとすると、合計は85,940円(税別)に。想像通りの結果に(^_^;)

ただしこれは定価ですので、これよりはもう少し安くなるはず。またPSVRに【PlayStation Camera 同梱版】というものが用意されています。まさに自分のような人向けですね。

こちらだと「49,980円(税別)」になりますので、すこ~しだけ安くなって合計は84,960円(税別)になります。

これが基本。さらにゲームソフトの値段が乗ることになります。やはり10万コースのようです。

「予約できなかった」「朝イチ並んで」といった情報も聞こえてます。しばらく値段は高いままでしょう。周辺機器も揃えだしたらどこまで行くのか・・・先は遠そうであります∠(`・ω・´)

PSVRのソフト

それだけでも魅力的ですが、行く末を決めるのはやっぱりソフトの充実さがカギだと思います。昔ソニーがリードしたのは多くの人が遊びたいソフトがプレステにあったからですよね。

ローンチタイトルを見てみるとまだVRを利用した簡単なもの(失礼)が多そうです。ですが、ニュース記事を読んでみると、PSVRに参入を表明しているゲームメーカーは230社以上、現在開発されているVRゲームソフトは160本以上にもなっているそうです。

モンハンやウイイレ、バイオハザードやドラクエやFFが出来る時代がくるかもしれませんね。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする