Macのファイルとアプリの関連付けを変更する方法

人により表現は異なりそうですが、「拡張子との関連を〜」とも言いますね。Windowsですと「通常使うソフトが何とか」でしたでしょうか。

デフォルトで開く設定は予めインストールされているアプリケーションになっています。まあ、使いやすいかそれともそうじゃないかも人それぞれではあるのですが、後から別アプリをインストールした場合は、関連付けを変更しておかないと毎回右クリックで開く必要があります。もしくはアプリ側から開く動作ですね。

動画、画像、テキストエディタといったものがよくあるのではないでしょうか。

非常にイライラでストレスになるはずで、変更してしまいましょう。

デフォルトで開くアプリケーションを変更する方法

例としてテキストファイルの関連付けを変更する方法をお伝えします。このやり方で他のアプリも可能です。

まず対象のファイルを右クリック(controlキーを押しながらクリック)してコンテキストメニューを表示させます。その中の「情報を見る」を選びます。

コンテキストメニュー1するとファイルの情報ウィンドウが出てきます。その中の「このアプリケーションで開く」を開いて表示させます。左端の三角をクリックすると下に出てくるはずです。

コンテキストメニュー2そこのリストから自分が今後開きたいアプリケーションを選択してください。ここでは「mi」というテキストエディタに変更しています。

このままですとそのファイルのみの設定になってしまいます。下にある「すべてを変更」をクリックし、全てのファイルに適用してください。

コンテキストメニュー3こうすることで次回からクリックするだけで、同様のファイルも含め設定したアプリケーションでファイルが開けるようになります。

ストレスマッハの方、ぜひ実施してみてください∠(`・ω・´)

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする