旧型MacBook ProのHDDを交換

こちらの記事の続きです。注文したSSDも届き、暇な時間をみて交換作業の記録です。

旧型MacBook ProにSSDを換装して高速化
はじまりはいつもアレ・・・ 今回の故障箇所は? 自前のMacBookをイジる時はいつもそうですね(´;ω;`) どこかに問題が発生するこ...

交換前にデータのバックアップ

初めてのTime Machine

前回書いた通りHDDの一部にエラーが生じている状況のため、とりあえず起動し動作はしています。頻繁にカーソルがグルグルしてはいますけどね。

というわけで、まずは最新状態をバックアップすることから始めます。

Macのバックアップと言えば『Time Machine』。使ったことはないですが、存在だけは知っていました。今回作業にあたり色々とネットを調べましたが、このTime Machineはディスク交換にも使えるとのこと。「バックアップ → 交換 → 復元」と簡単にできそうなので、これでやることにしました。

さらに幾つか方法はあるみたいですが一番わかり易い、外付けHDDにバックアップする方法を選択しました。直接コピーし(ここだとSSDにコピー)、その後筐体交換というのもできるみたいですが、道具がないため不可能。その点特殊な道具はいらないのが自分が採用した外付けの方法かと思います。

初のバックアップですから、相当時間はかかりましたね・・・。

ディスク交換作業

MacBookのお腹の中、再び

バックアップが完了したら、HDD→SSDの作業です。

こちらで難関なことは・・・道具だけ。自分が慣れてるってのもあるかもしれませんが、ネジに合ったドライバーさえあれば簡単なものです。

前回はトラックパッドでしたので右下のバッテリーを外しましたが、今回は左下のHDDを外します。裏板を開けるとすぐにアプローチできる場所なので手間は少ないです。

当たり前ですがケーブル断線してしまわないように慎重に抜きます。

薄さが違いますのでアダプターを着けましょう

2.5インチHDDは9mm。SSDは薄いので大抵はアダプターが付属しています。これを着けた上で取り付けましょう。取り付けは・・・両面テープでした。。。

今後SSDが主流となってくるはずで、そうなったらアダプターは必要なくなることでしょう。過渡期だから存在する作業工程ですね。

また取り付けの際にディスクの横に突起のようなものを取り付ける必要があります。今まで何回からノートPC分解してきましたが、こんなタイプは初めてみました。

突起を付けてオレンジ色の部分に載せるわけです。ディスク自体は微妙に浮いてる構造になります。MacBookのみの構造なのか。はっきりはわかりません。

ケーブルを配線し、そして突起に従い設置、最後に固定して終了です。

データ復元

データ復元?OSインストール?

ここからが今回非常に苦戦した勘違いポイントです。

最初にTime Machineでバックアップを取りましたから、それを復元すれば完了、とネットで調べると書かれていました。

購入時に付属していたディスクを使うと、下のような画面が出てくるわけです。

しかし、これを実行するも必ずエラーとなって途中で止まってしまいます。

そうならばと次に考えたのが、

OSをインストールしてからTime Machine

”ディスク空っぽから復元”は間違いだと思ったわけです。これでもエラーは変わりませんでした。

暗雲が立ち込める中、探し続けるとやっと答えが見つかりました。

OSを最新版までアップデート

言い換えると「Time Machineを実行した環境と揃える」ことがエラーの解答でした。

購入当時のOSは「Mac OS X v10.6 Snow Leopard」でした。このバージョンは付属品として「インストール/リストア用DVD」がついており、最初はそれを使用して復元を試み失敗をしていました。

OSがバージョンアップしていく過程でそれが無くなったとのこと。外部ディスクではなく、内蔵ディスクにユーティリティの領域が付属するようになりました。その部分が購入時の状態では存在しないために復元時にエラーとなっていたようです。

故障時のそれが「OS X 10.11 El Capitan」でしたので、そこまで先にアップデートして復元を実行すればエラーなく完了しました。

まとめとか感想

この記事もMacBookで書いているわけですが、SSDに交換後非常に快適に動作しています。噂以上に凄い代物だと実感しています。起動だけでなくその後の動作に関してもここまで早くなるとは驚きでした。

ここまでくるとメモリは少なくてもなんらストレス感じなさそうです。それくらい書き込み読み込みが早いです。ただSSDは書き込み回数に制限があるようですので、そんな使い方はアウトですね。ここらはまたの機会にでも勉強したいと思います。

さて実際の交換作業ですが、最後の復元の箇所でかなり手こずりました。同じ「Time Machine」というアプリケーションに惑わされましたが、普通はOS違うと復元もできませんよね。イケそうと感じてしまった自分のミスです。

またネット上のドキュメントはどうしても最新の方法が検索ヒットしやすいのでその点も迷った理由です。色々調べるうちに、例えば”OSユーティリティ”を起動する方法にも様々あることもわかりました。バージョンアップとともに増えてるように感じます。そこで「あれ?微妙に違うこと言ってる?」と気付ける能力がMacのリカバリには必要と思いましたw

自分のようなトラブルに遭遇した人が、この記事で障害をクリアしていただけるとうれしいです。まあ、8年前のPC使っている人も少ないでしょうけど。

さて次はどこが壊れますでしょうか〜Σ(´∀`;)

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする