スマホのバッテリーを長持ちさせるコツ

毎度バッテリー切れで機種交換

スマホを日々使っていると以下のような疑問ありませんでしょうか。

  • バッテリーが以前と比べて減りが早い
  • バッテリーの寿命って?
  • 長持ちする方法は?

かく言う自分がそうです。最近iPhone7に機種変更したのですが、そのきっかけがそれまで使用していたiPhone6が急激にバッテリー消費が上がったためでした。ろくに1日持たない状況で、出先に充電器で充電しないと帰宅までキープできませんでしたね。

スマホに搭載されているバッテリーは「リチウムイオン電池」なのですが、一般的な寿命は約1年から2年と言われています。2年といえばそう、大手キャリアの2年縛りと同等なわけで、一応格好はつくことにはなります。

そうしたわけで自分も急いで機種交換に動いたわけです。スマホを早いサイクルで買い換えると、実は端末割引などがあってお得ではあるのですが、どうもシックリきませんでした。何ていいますか「能動的」ではないんですよね。「換えろ〜換えろ〜」迫られてるみたいで。しかもそうなってしまったあの頃は、もう落ち着いて生活できませんでしたし(# ゚Д゚)

こんな経験からスマホのバッテリーについて調べてみました。すると自分の無知さを知ることに。

先程リチウムイオン電池の寿命を書きましたが、差が1年って長すぎと思いませんでしたか?これはリチウムイオン電池の特性というよりは、使い方に関係するのです。

次こそはせめて普通の状態で落ち着いて機種変更したい、そんな目標を経ててスマホ充電生活を改めてます。その方法をシェアしたいと思います。

iPhone7を購入
iPhone6の突然の不調 こちらのブログでもiPhone7の発売に記事を書きました。 色々と...

バッテリーの劣化を進める使い方

「よろしくない使い方 = 自分がこれまでやっていた使い方」をご紹介します。

こまめに充電

これは充電池の特性ですね。放充電を繰り返すと満充電時の性能が落ちてしまいます。リチウムイオン電池は、およそ500回で性能が半分になると言われています。

毎日充電したとして約1年半くらいがこの時期にあたります。こまめにすれば、より早く迎えることに。

「わたしは大丈夫」と思った方。これを踏まえて次を御覧ください。

過放電と過充電

過放電とはバッテリー残量が0%になった状態で長らく放置すること。過充電とはその逆で満タンの状態でさらに充電し続けることです。

スマホですから残量がゼロというのはそれほどないと思われます。問題は過放電になります。寝てる時に充電してませんか?まさにその状態がそうなのです。

なぜ過充電がいけないのかというと、満タンになった後100%をキープしてくれるわけですが、実は細かい放電と充電を繰り返しているそうなのです。ということは、充電回数のカウントアップ!になっているのです。

1回だけ充電してるように見えて、実は何回も実施していることになるのです。

ながら操作

これもよくやると思います。充電しながらの操作はバッテリーの劣化を早めてしまいます。

これはバッテリーの発熱が関係します。熱くなっているの感じながら触ったことある人多いはず。自分もそうでした。

適温というものがあり25℃前後とのこと。充電しながらの操作だけでなく保管場所も重要。暑い車内に置いておくだけでバッテリーは劣化していたのです。

以上いかがだったでしょか。自分は見事全てに該当していたのは言うまでもありません。電池のせいだ、と思ってましたが自分のせいだと反省しました。

劣化させない使い方

これらを踏まえて「充電ライフ」を考え直して実践中。まあ、そんな大したことでなく誰でも思いつくことではありますがw

  1. 充電回数を減らす
  2. 起きている時に充電
  3. しながらの操作はしない

なんの捻りもない回答ですみませんm(_ _)m ですが、これらをここまで確実に実践しています。

ちなみに奥さんにもシェアしたのですが、聞く耳を持たず寝ながら充電を継続中。そんな人は劣化してしまえばいいのだΣ(´∀`;)

おすすめアプリ

オススメといいますか上手な充電生活を目指すにあたり、利用しているアプリです。

バッテリードクター

充電生活をサポートしてくれるアプリです。よく使っているのは充電する時にこのアプリを開いたまま行うと終了時間を教えてくれるところ。過充電をしないようにするには必須です。

また充電ログという過去の充電記録を確認できます。回数を意識して減らすための意識付けができます。どれくらい充電してるのかも簡単に確認できます。

バッテリードクター_充電ログ バッテリードクター_充電時間

Battery Care

こちらは充電のサポートよりもバッテリーについてのアプリ。ここでも何回か画像を紹介していますが、現在のバッテリーの健康状態を知ることができます。

劣化していくのは避けられないので、それがどれくらい遅らせてるのか。この先も継続して確認していくことになるはず。

Battery Careもちろん購入したばかりなので100%良い状態。これをどれだけキープできるか。

まとめ

「バッテリー」と検索すれば他にもいくつかアプリが並びます。たまたまその時に見つけてこれらを使用していますが、もっと良いアプリもあるかもしれません。どれかひとつでもスマホに入れて見直してみることをオススメします。

今回は「充電」に絞って紹介してきましたが、他にもバッテリーをなるべく減らさないようにすることも大事ですね。色んなサイトで書かれていますが、こちらでもまとめたいと思っています。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする