Macの覚えておきたいキーボードショートカット

こちらの記事の続きになります。むしろここからが本番。

Macのキーボード記号とショートカット

作業効率アップが主な目的ですが、ぜひ覚えておきたいショートカット。調べていくうちに「こんなのもあったのか。もっと早くにしとけば良かったΣ(´∀`;)」と思ったものもいくつかあります。畑違いなショートカットはスグ忘れてしまうものですよね。一つでも助けになるもの有れば嬉しいです。

ショートカットキーもあわせて載せますが、記号・アイコンは英単語で表記します。そのほうがわかりやすいですし。

よく調べられてるショートカット

Fn + F11 デスクトップを表示
command + control + F 最大化・フルスクリーン
command + option + esc アプリケーションの強制終了を開く
(フリーズした時)
電源ボタン(1.5秒) ダイアログが表示され、再起動、スリープ、
またはシステム終了のいずれかを選択
control + shift + (電源ボタンまたは
メディア取り出しキー )
ディスプレイスリープ
shift + command + Q ログアウト(確認メッセージあり)
option + shift + command + Q ログアウト(確認メッセージなし)
control + command + メディア取り出しキー  Macを再起動
control + option + command +
(電源ボタンまたはメディア取り出しキー)
Macを終了
control + command + 電源ボタン 強制的にMacを再起動

Finderやアプリケーション

command + C コピー
command + X 切り取る
command + V ペースト・貼り付け
command + A 全てを選択
command + Z やり直し、戻す
command + R 表示内容の更新
command + S 保存する
command + delete ファイルをゴミ箱に移動
command + F 検索する
command + N 新規Finderを開く
command + I ファイルの情報を見る
return ファイル名のリネーム
command + shift + N 新規フォルダ作成
control + D カーソルの右側の文字を削除
control + K カーソルの右側の文字を全て削除
control + A カーソルを行頭に移動する
command + Shift + 3 スクリーンショット(全画面)
command + Shift + 4 スクリーンショット(選択範囲)
command + shift + delete アプリケーションの切り替え
command + shift + option + delete ゴミ箱を確認無しで空にする
command + Tab アプリケーションの切り替え
command + space Spotlightを開く
command + shift + H ホームフォルダを開く(Finder)
command + shift + U ユーティリティフォルダを開く
command + shift + A アプリケーションフォルダを開く
command + O 関連したアプリケーションで開く
command + , アプリケーションの環境設定を開く

ウィンドウ操作

command + Q アプリケーション終了する
command + W ウィンドウを閉じる・タブを閉じる
command + option + W 全ウィンドウを閉じる
command + M ウィンドウをDockにしまう
command + H アクティブウィンドウをしまう

いかがでしょうか。ココに紹介しただけでなく非常に多くのショートカットが用意されています。特に使いそうなものを個人的にセレクトしてみました。

特にWindows→Macな方が多く、似てるようなのもある一方で全く違うものがわからない、見当もつかないということが多いようです。「デスクトップ表示」とかフリーズした時のあのショートカットですね。ファイル名を選択してEnter、これで実行されずにリネームになるのが当初凄い驚きでした。これでだいぶ作業が効率良く出来そうです。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする