MacBook Proのトラックパッドが反応しない

ノートPCにとってトラックパッドは命です

MacBookの生命線であるトラックパッドの反応が鈍くなってきました。押せないというわけでなく、押せるのですが反応をなかなかしにくいという症状。強く押すとクリックできますので故障ではなさそう。

主観ですが、やけに緩くなってる気がします。奥まで押せるようになったと言えばわかりますでしょうか。

わりとストレスになってきたので、

「マウス買うべきか、修理に出すべきか・・・」と迷いつつ調べてみると、同様の症状で分解して直した人がおられました。

それを参考にMacBookを分解してみることに。

MacBook Proを分解

さて必要な工具は前回の記事の通り事前に用意しました。

MacBookを分解する前に
事情がありまして日頃使っているMacBookを分解したくなりました。ネットを検索すると同じような症状で分解して解消させてる方多くいるよ...

これを使って裏側を開けていきます。

MacBook分解1

ここまではプラスドライバーで可能。以前メモリを交換したことがありまして、ここまでは経験済み。

右下の黒い物体がバッテリーでこの下にトラックパッドの裏面があります。次にバッテリーを外します。

お決まりの警告

お決まりの警告

PCあるあるのひとつ、警告のシールです。もちろん無視して突き進みます。一応見た目もあるのでシールをキレイに剥がします。

ここでまず出てくるのがこのネジ。

特殊なネジバッテリーを固定している中央に見えるやつですね。Y字のネジです。これを回すために工具を買ったのです(`・ω・´)ゞ

大きさをあわせてラクラクに突破。

バッテリーを外すとこんな感じに開けます。コードが繋がってますので静かに移動させます。

バッテリー外した図。中央下がトラックパッドの裏面。

バッテリー外した図。中央下がトラックパッドの裏面。

中央下に見えるのが目的地のトラックパッドの裏側になります。

トラックパッドが効かなくなった原因

MacBook Proのトラックパッドは「一枚板」なわけですが、左下の部分がこれまでの使用により段々と下方に下がっているのが原因。自分の印象も含みますので正しくは違うかもしれませんが、クリックのストロークが通常より深くなっていたため、強く押さないと効かなくなっていました。

それの直し方ですが、上部画像のトラックパッド部分の更に中央下のネジ、これを締めることで板全体を上方に上げることが出来ます。

こんな感じで締めます。締めすぎると逆にクリック出来なくなります。またトラックパッド右下、右クリックとの兼ね合いも確認しながら少しずつ調整していきます。

ネジは六角形の星型のネジ。事前情報通り工具の中に入ってますので完璧です。

トラックパッドの調整。肝心なところが見えずすみません(汗

トラックパッドの調整。肝心なところが見えずすみません(汗

調整完了し、元に戻していきます。バッテリーの差し込みにコツが入りました。こういうのをきちんと確認しながら、分解していかないと駄目ですね。所狭しと並んでますから、はめ込み方もそれ相応です。

バッテリーと筐体のツメ

MacBook Proの内部掃除

折角開けたのでキレイにしようと思います。内部ファンがだいぶ汚れてるのが確認できますので、そこも固定のネジを外して脱却。 おおおお、汚すぎる(・・;)

MacBook Pro 内部ファン

MacBook Pro 内部ファン

ホコリを取ってファンを取り付け、そして裏板を嵌めて起動確認。無事に正常起動し、クリックの感触も良好になりました。

起動確認

最後に使ったネジですが、以下の中央二つ。プラスドライバーは省略してます。

img_1732コレだけあればなんでも対応できそうです。

自分と同じく誰かの助けになれば嬉しいです。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする