大手キャリアの新プランを並べて比較してみた

今月、大手キャリアから立て続けに新プランが発表されましたね。日頃のニーズや設備のメドが整ったということでしょう。

それぞれのプラン名は以下の通り。

  • docomo : ウルトラパック
  • au : スーパーデジラ
  • SoftBank : ギガモンスター

ウルトラとデジラとモンスター、こう並べてみると似てるなぁと。揃って出してきたこともあって・・・色々考えてしまいますね。プランの詳細はどうなのでしょうか。

ウルトラパック

個人のプランと家族とシェアできるプランが新たに追加されています。なお15年以上ドコモを使用していると「ずっとドコモ割」が適用できるのですが、個人プランですと800円の割引とか。。。

ウルトラシェア
パック100
100GB
くりこしOK
25,000円/月
ウルトラシェア
パック50
50GB
くりこしOK
16,000円/月
ウルトラデータ
LLパック
30GB
くりこしOK
8,000円/月
ウルトラデータ
Lパック
20GB
くりこしOK
6,000円/月

スーパーデジラ

auの場合は条件があって

「カケホ(電話カケ放題プラン)」または「スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)」とセットでご加入が必要

とのこと。割増になるのですが、スマートバリュー適用が出来るそうで少し割高感は減ります。

データ定額30 30GB
くりこしOK
8,000円/月
データ定額20 20GB
くりこしOK
6,000円/月

ギガモンスター

特に制約等はないようです。むしろ個人的には公式リリースのこちらのほうが気になる。

第5世代移動通信システム(以下「5G」)の導入に向けて、さまざまな最新技術をいち早くお客さまに提供する「5G Project」を開始します。本プロジェクトの第1弾として、2016年9月16日より、5Gの有力な要素技術の一つである「Massive MIMO」(空間多重技術)の商用サービスを世界で初めて提供します。

ギガモンスターには利用されてるぽいですね。

データ定額30GB 30GB
くりこしOK
8,000円/月
データ定額20GB 20GB
くりこしOK
6,000円/月

まとめ

まとめというか見ての通りです。ここまで足並みが揃ってると失笑すらでてきません。各社のページの細かい文字まで見る気も起きませんw

家族シェアやスマートバリューなど各社特色はあるのでしょうが、ユーザーが日頃失望するのもわかります。格安SIMに危機感を感じたのかな、と最初は思っていましたが、よく見るとキッチリ住み分けが出来てしまいそうなプラン内容。設備を貸してる立場ですし、喰い合いはしないということなんでしょうね。またこの料金にプラスして基本料金(auのスーパーカケホみたいな)が必要ですので、ご注意ください。

しかしながらこういう風穴(そんなに開いてないか)を開けるのはいつもSoftBankからですね。最初の『ホワイトプラン』もそうでした。もっとどデカいのを期待しますかΣ(´∀`;)

最後にどれが良いのかとなると、5Gが使えるギガモンスターになりますでしょうか。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする