旧型MacBook ProにSSDを換装して高速化

はじまりはいつもアレ・・・

今回の故障箇所は?

自前のMacBookをイジる時はいつもそうですね(´;ω;`) どこかに問題が発生することがきっかけ。それだけ長く使っているということでもあります。ある意味自分の身体と同じな気もしますが。

今回の症状ですが、内蔵ディスクが壊れました。購入時から内蔵されているHDDなのですが、一部分にエラーが生じて読み込みがエラーを表示するようになりました。

気づいたのは、エラーは一部ですのでPC起動は出来ていたのですが妙に動きが遅いのです。何をするにしてもカーソルがグルグル回る。「怪しいなぁ・・・」とディスクのチェックをしたら「エラーがあるよ!」と表示された次第です。

ネット上で情報調べてとりあえず「ディスクを修復」というのをしてみましたが、それほど効果なし。まあ、そうですよね〜。ディスクの故障は広がることも考えられますので、「早急に何とかしないと」となったのです。

そうとなったらまずは”修理”です。MacBook ProのHDD交換方法を調べていくうちに、

「HDDでなく、SSDでもいいじゃん」となり、目指すところはそれとなったのが始まりです。

我がMacBook Proの情報

旧型とは書いてますが、どんなものか。きちんと書いておかないといけませんね。もう8年位になりますか。思い入れのある一品です。

MacBook Pro (13-inch, Mid 2009)
2.53 GHz Intel Core 2 Duo
HDD 250GBシリアルATA、5400 rpm

「Core 2 Duo」とか懐かしいです。これでも十分動くから気になりません。でも、最新のを知ったら戻れないんでしょうけどねw

一応Appleの技術仕様ページのURLを置いておきます。

MacBook Pro (13-inch, Mid 2009) – 技術仕様

交換作業の確認、準備

モノと道具が必要

MacのHDD交換は初めてですから作業に先立ち準備が必要です。幸い動いてますし、スマホもありますからネットで調べて学習。

まず道具ですが、以前の記事にあるように精密ドライバーは既に購入済み。実は前回作業で回さなかったネジが登場します。

MacBookを分解する前に
事情がありまして日頃使っているMacBookを分解したくなりました。ネットを検索すると同じような症状で分解して解消させてる方多くいるよ...

次にSSDでこれが非常に心配でした。なんせSSDを見たことも触ったこともないですし、イマイチよくわかってない(´;ω;`)。 地道に探すのも時間的にアレなので、手持ちのMacbookが古いので、交換して無事に動いてるSSDをキーワードにネット上を徘徊してみました。

すると、このメーカーなら同じPC型番で交換した実績を確認できました。

余談です。普通ならこれまでのHDDより容量大きいのを選ぶのでしょうが、記憶装置はサイズあるならあるだけ使ってしまう、が持論なので同じくらいの容量を購入です。『デカければデカいほど壊れた時リスク』とは仕事で何度も経験し学びました。

HDD→SSD換装方法の確認

順番逆になりましたが、まずはこれが出来るかどうか確認はしないといけません。自分の技術的に作業実施可能かどうか、こちらもそうです。

ご存命中なので

バックアップ → 交換 → 復元

この流れで問題ないのを確認し、SSDも注文しました。

実際には自分の無知もあり、ここまですんなりとはいかなかったのですが、それは次回に。

SSDの比較

最後に、作業後に知ったのですが「SSDをいろんな切り口で比較」しているサイトがいくつもあります。自分は急いでたこともあり、交換実績重視でディスクを選んだ次第。「ところでこれはどんな意味だ?」と調べたらたくさんサイト出てきたんですね〜。

後悔はしていませんが、もっと勉強しておけば良かった、とは正直思いましたね。用語の意味とか知っておくと値段の違いとかもわかりますので、同じような境遇で興味ある方はそうされてはいかがでしょうか。

↓こういうサイトは親切で凄いありがたいな〜と思いますね。

【2017年冬版】2.5インチSSD性能/スペック比較と選び方 −公安9課−

きっと夏にも比較してくれるんでしょうね(*´∀`*)

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする