るり渓温泉でグランピング(GRAX)

GRAXでキャンプ初心者がグランピング初体験

以前紹介したグランピングるり渓温泉(GRAX)で初体験してきました。グランピングどころか自前のキャンプも初ですから、どうなることやらで訪問したわけです。

グランピングはコチラの記事で紹介しています。

グランピングというワードを知ったのです
みなさん「グランピング」という言葉を知っていますか? グラピングとはグラマラス(glamorous)とキャンピング(c...

るり渓温泉には何度か通っていますが、これまで野球場があった場所にその施設が作られていました。位置的には本館の下スペースですね。温泉やイルミネーションが毎年開催される場所へは十分徒歩で行ける距離です。

家族連れを含め、数多くの方がおられました。予約も埋まってる日も多かったですし、新しくもあり話題になっているということもあるのでしょう。

↓駐車場にあるコンテナです。

img_1899

いろいろな宿泊タイプが用意されているのですが、るり渓温泉では4種類あります。これだけでもリピートしてみたいと感じますが、この時期ということもあり自分たちはトレーラーハウスを予約。外観はこんな感じです。自家用車を横付けできるのが本格的でイイですね。

各サイトにテントとテーブル、チェアが用意されていてここでバーベキューをできます。到着時にここまで準備してありました。

GRAX_トレーラーハウス

GRAX_トレーラーハウス

トレーラーハウスは初めて見ましたが、内装は以下の画像の通り。意外にもかなり充実しています。奥に見えるのがダブルベッドで、後ろ側に2段ベッドがあります。4人まで寝れるということですが、ダブルベッドは二人の関係性が気になるところではあります(*´∀`)

左の大きな窓の外は裏手になり、人通りもありません。どのトレーラーハウスも同様な設置をしてありました。

トレーラーハウス内装

トレーラーハウス内装

エアコン、テレビ、シンク、トイレが付属していてまるで家の中のようです。ここまであるのは、トレーラーハウスだけかと思います。ただし食事の準備などはシンクでは不可です。さすがに流れも悪かったですし、手軽に水が使えるというレベルですね。

ほかはテントやコテージ、キャビンタイプなのですが、設備はまちまちの様子。空調設備はあるみたいです。ちょっと覗くことはできませんでしたので、詳細は予約サイトなどで確認してみてください。

少し前後しますが夜の全景を温泉帰りに本館から撮影。綺麗ですね〜☆。手前にある屋根付きの建物が施設内にいくつかある炊事場で、ライトアップされている一段高い中央部分がキャビン群。ここは車の横付けができません。

GRAX_全景_夜

GRAX_全景_夜

中央部分にお邪魔して撮影したのがコレです。こんな明るいのでカーテンはキッチリ用意されてるはずですね。

GRAX_キャビン群_夜

バーベキュー、朝食

さて少し戻ってキャンプの醍醐味「バーベキュー」の時間です。もちろん一からするのは初めての食べる専門家ですよ。

食事のシステムは各グランピング施設ごとに異なると思いますが、ここGRAXではまずお肉は量が決まっていて、予め味付けされたものがパックされて渡されます。あとは火にかけるだけという状態。

その他の野菜は「センターハウス」という場所で自由に選べます。下の画像ような感じです。多くの種類の野菜が準備されていましたが、さつまいもは数に制限とかありましたね。季節が変わるとまたラインナップ、制限されるものも変わるのでしょう。ほかは取り放題だったと思います。ただし、野菜なんでね・・・。

飲み物、お酒は購入することになります。自販機もありました。もちろん高原価格ですよ。

GRAX_センターハウス

GRAX_センターハウス

薪や炭も渡され、いざ火おこし。どうするのか心配してましたが、説明書や着火剤の手助けもありむしろ簡単にすることが出来ました。ええ、一安心ですよ、ホントΣ(´∀`;)

バーベキュー

バーベキュー

少し焦げてしまってるのは、初心者だから。炭の火力を侮っていました。ですが、それもまた楽しさですよね。美味しくいただきました。あと焼きおにぎりは追加で購入Σ(´∀`;)

そしてグランピングの良さが後片付けが要らないこと。自分たちはよく知らずに軽く洗ってしまいましたが、それすら要らないとのこと。次の人用に運営側で殺菌処理とかもするから、ということなのでしょう。何もせず返却して、その際に翌朝の朝食の道具をもらって終了です。

楽すぎますね。食事後すぐさま温泉に行ったり、今ならイルミネーションを見に行ったりできます。

一晩寝て、朝食はホットサンドでした。食材は少し離れたところに取りに行きます。気持ち良い散歩です。

うまく出来てそうですが、もちろん裏側は焦げてます。新鮮な山の空気を吸いながらの朝食は絶品でしたね。気持ちよかったです。その他サラダやスムージーといったものを一緒に。

朝食のホットサンド

朝食のホットサンド

GRAXの口コミ情報

では、実際に体験した口コミになります。まず今がキャンプに適した季節ではないというのが前提。イルミネーションも一緒にと考えて予約しましたのでこの点はわかっていました。この時期が好きという人も中にはいるのでしょうけど。公式サイトでも書かれてますが、防寒具はそれなりに必要です。

GRAXはペット同伴は不可になってます。さすがにどなたもされてる方はおられませんでした。野良猫はいましたけどねw

同じく持ち込みも不可となっています。が、明らかに「そうじゃないっぽい」という人はいましたね。上に書きましたがバーベキューが終わったら返却が必要で、ある程度の時間でどこのテントでも動きが無くなるはずなのですがそうでない家族も。

また、支給される道具一式はどこも同じなのです。なのに明らかに入ってなかった「鍋」を使っていたり。車が横付けできますので、持ち込みは簡単にできます。道具も食料もですね。ですが、施設の人も見回り(火おこしの手伝いや声掛けしてくれます。監視も含めでしょうけど)されていますので、ご自身の判断で行ってください。

今後に期待して自分の感想を言いますと、もう少し食事の自由度があると良かったです。料理の仕方みたいなパンフレットを渡されるのですが、その中で紹介されている料理の食材”だけ”用意されてるという感じがしました。

限られた食材で作る「キャンプ力、アレンジ力」が無かっただけかもしれませんが、もうちょっと色々種類あってもいいのにとは思いましたね。予想がつかなくなる分、運営も難しくなるのでしょうけどね。

あと泊まったトレーラーハウスですが、透けにくいカーテンやシェードが欲しかったかな。ないわけではないのですが、ダブルベッド側は外から見えます。そんな人は出入りする場所ではないでしょうけど、最低限スモーク貼ってくれると皆さん喜ぶかと。

とまあ色々書きましたが、一緒に行った連れも含め「季節を変えてもう一度行きたい」が結論ですね。今度はテントとかにも泊まってみたいです。また違ったキャンプになりそうですしね。

キャンプに興味あるけど自前はさすがに、と思ってる方。グランピングおすすめですよ。この記事が参考になれば嬉しいです。

GRAX_中央部分への道

アクセス、予約

冬キャンプも営業されています。トレーラーハウスやキャビンが中心で施設を絞った営業になるとのこと。さすがにテントは無理ですね、雪が積もりますし。

道路も凍結する可能性ありますし、その点も準備して行ってください。

↓↓予約はコチラからできます↓↓
心と身体の癒しの森 るり渓温泉

GRAX公式サイト

GRAX_全景_入り口から

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする