保津川下りと紅葉

なぜこの寒い時期に川下り?

紅葉が目的なので必然的にそうなってしまうのですがΣ(´∀`;)

真の目的は保津川下りの終点「嵐山」にあります。紅葉という嵐山が最も混む時期、なんとしても公共機関を使って行かないといけません。これは鉄則ですね。自家用車で近づこうもんなら、駐車に何時間も待たないといけません。相当早くいけば良いのかもしれませんけど。

ただ、今回は次の目的も合ったので自宅から、というわけにはいかなかったのです。となると上手に「パーク&ライド」をしようと画策をしてました。

先日も書きましたが、まず考えたのがトロッコ。これは予約できず早々に断念。祝日になんて無謀でした。

というわけで、JRで普通にと思ってたところ「もう一つあるじゃん公共機関(*´∀`)」と思い立ったのが、この保津川下りだったわけなんです。平日だと定期便のようですが、休日だと随時出航とのことで便数も豊富です。嵐山散策後は亀岡駅に戻ってくることになるのですが、次の目的地からも非常に便利。これしかないと独断で決めたわけであります。

保津川下り_乗り場

保津川下り_乗り場

初めての保津川下り

感想から言いますと非常に良かったです。寒さは風が弱い日が幸いしましたが、寄り添って乗りますし、水よけのシートが地味に防寒の役目を果たしてくれてました。

紅葉の時期ですのであちらも準備しています。10時ころに着いて整理番号100番を超えていたものの、もうバンバン呼ばれて出航という状況。待つこと無く乗船できましたね。

img_1842 img_1843


所要時間はだいたい90分が目安。そこから水位とか気候によって前後するそうです。その時は1時間40分位と結構ゆったり目の川下りでしたね。早い時は50分!とかで到着のようで、ほぼ急流って船頭さんはおっしゃってました。

行程は16kmになります。その間ゆっくり流れたり、急流があったり非常に飽きないです。また船頭さんもトーク、パフォーマンスが面白く時間を感じさせない旅でしたね。やり過ぎて落ちちゃう人もいるとかw 

img_1846 img_1849

保津川を下りながら紅葉

スタートしてすぐ船頭さんに言われました。

「来るの遅かったね」と。先週くらいがベストだったようです。

とは言うものの、全てがそうではなく残ってたり、これからだったりというのも見えましたよ。

保津川下りとトロッコ線路‐上部横に紅葉が並んでいるところに線路があります

保津川下りとトロッコ線路 ‐ 中部横に紅葉が並んでいるところに線路があります

そしてこれがベストな一枚。保津川からトロッコとJRを一枚におさめることができました\(^o^)/ 

保津川下りとトロッコとJR

保津川下り アクセスおよび駐車場

まずは保津川下りの情報から。

料金:大人 4,100円
   小人(4歳~小学生) 2,700円

予約は冬期のお座敷暖房船は個人でも予約が可能だそうです。その他の時期は10名以上でないと予約ができないようです。

ツアーなど利用すれば、「トロッコと保津川下り」で往復のチケットなんかもあると思います。

駐車場は無料で停めることができます。これも結構大きいかと。自分は散策後に帰ってくるまでずっと置いておきましたよ。

最寄り駅は亀岡駅。北側から出れば道なりで15分くらいで到着します。

帰り道に見つけたのですが、こんなのが中央分離帯にあったりします。

img_1895

渡月橋なんで終点ですが、ここから右にズラ~と鑑賞ポイントが模型と共に置いてありました。

最後にもう一度乗り場を。今日は1日、船頭さん忙しそうです。この伝統を守る手助けを少しでも出来たかな、と思いながら出発しました。

img_1897

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする