笠置キャンプ場で冬キャンプ

グランピングの実体験は以前記事に書きましたが、こちらはガチのキャンプ。

京都府笠置町笠置の木津川河川敷にある笠置キャンプ場が連日の大賑わいだそうです。昨年12月の利用者数は前年度比1.5倍となったとか。なんでも「年越しキャンプ」というのも大勢の方がされていたそうです。

笠置キャンプ場の人気の秘密

人気の理由にアクセスの良さがあげられています。大阪市内から1時間で来れますしね。積雪も少なく冬に利用しやすい立地というのもあるそうです。

自分的には一番の理由だと思うのが、利用料の安さ。料金は一人300円という破格な値段。あってないようなものですよねΣ(´∀`;)

関西圏だけでなく三重や名古屋からの宿泊客も多いとのこと。キャンプ好きの間で口コミで広がってるんでしょうね。

他にも温泉が近くにあったり、ボルダリングができるエリアも近くにあったりとアウトドアな施設があることが人気の秘密のようです。

冬キャンプの魅力

るり渓温泉のGREXでグランピングしたのは11月。凍えるような寒さで、次は暖かい時期にと心に誓った自分ですが、冬キャンプにも魅力・メリットがあるとか。

  • 空気が澄んでいて星空がキレイに見える
  • 虫がいない

なるほどなるほど、そう言われるとそうですね。屋外だと虫は天敵ですね。バーベキューなんかも神経使いそうです。また確かに夜空はキレイでしたね。標高高いということもあったのでしょうけど。

そんな空間の中、火を囲んで会話をするのが楽しいとおっしゃられていました。

アクセス

笠置キャンプ場から地図の下に「わかさぎ温泉笠置いこいの館」、右側にボルダリングエリアの「笠置ボルダー」がたしかにありますね。

公園などもあり良いポイントのようです。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする