伏見区「大河」の本格手打ちうどん

ひょんな事から目にしたグルメ記事を参考に、伏見区にある「大河」という手打ちうどん屋さんにお邪魔してきました。

あまり彷徨いたことのないエリアです。最寄り駅は京阪電車なら藤森駅、地下鉄なら烏丸線竹田駅という立地。最近うどんではなくラーメン店が多く出店されているエリアだそうですね。

そんな中でも行列をしているうどん屋がこの「大河」なんだそうです。

行列する理由とは

3連休初日ということで覚悟はしてましたが、やはり並んでいました。ですが、まだ早かったようで(後々気付きました)5組目位で並ぶことができました。

駐車場はないため皆さん歩いて来られたり、近くのコインパーキングに停められてるようです。自分は運良く隣のコインPが空いていたので、そちらに駐車。もちろんすぐに満車になりましたね。

この大河の特徴・ウリは、注文を受けてから製麺すること。なので提供まで少し時間がかかってしまいます。そのため回転率というのは、讃岐うどん風にはいかないはずです。まあ、うどんですから頂くのは早いはずで、自分もそこまで気になりはしませんでしたけど。

外での待ち時間にオーダー考えれるように、お店の窓にメニューがビッシリ。みなさん迷われてる会話が聞こえてましたねΣ(´∀`;) 入店前にオーダーして、座席に座ったときには調理に取り掛かってるというルーチンのよう。待ち時間が気持ち軽減できますから、嬉しいですね。

一番人気「大河盛りぶっかけ」

個人的に初めてのお店は一番ベタなのを頂きたい性分です。なので大河で一番人気という「大河盛りぶっかけ」をいただいてきました。今日は少し春を感じれる暖かさだったので、冷たいものを。

値段は1,030円。うどんにしては・・・という印象でしたが、運ばれてきて納得。ボリューム満点です(写真ではそう感じられませんね(涙)。麺はモチモチで弾力が半端なかったです。箸で解くのに苦労したと表現すれば、わかっていただけますでしょうか。讃岐うどんの本場香川県で修行してきた店長さんが提供する麺だけありますね。

また天ぷらも満載なのが大河盛り。外に出てしまっていますが、ちくわ天が自分は美味しかったです。もし今後トッピングするなら外せないな、と心のなかで誓いました。

トコトンうどんで勝負ということで、丼物は置いてないそうです。こういったお店の丼物も非常に美味しくて残念ではありますが、仕方ないということで。しかしながら、ご飯物がないわけではありません。画像の端に写っていますが、炊き込みご飯をいただきました。

中身が季節や日によって変わるみたいで、これも毎回頼んでしまいそうだな、と感じた次第です。

アクセス

↓知った記事へのリンクです。

https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/yoko-nagao/17-00016

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする