エキスポシティ NIFREL(ニフレル)

前回の続きです。エキスポシティの目玉施設であるミュージアム「NIFREL(ニフレル)」に行ってきました。アウトレットで買い物する以外だと、ここしかないかもです。ポケモンはよくわかりませんのでw

最初は水族館と思っていました。館内を進めば最初はそのとおりなのですが、徐々に「あれ?」となってくる。そしてホームページを調べるとそれは間違いだとわかります。↓こんなのがいきなり登場するわけです。

img_1753 img_1752

NIFRELとは、生きものの美しさ・不思議さを直感的に楽しむ施設。水族館、動物園、美術館のジャンルを超えて、まるでアートのように生きものを観察できます。名前の由来は「感性に触れる」からとのこと。プロデュースしたのは海遊館だそうです。

館内は各エリアがテーマに沿って並んでいます。「いろ」「わざ」「すがた」などの全7種類。後半の「みずべ」や「うごき」になると、もう水族館でなく動物園化します。

img_1750

こんなデカイ魚もいたりするわけです。

img_1754

中でも一番人気だったのがホワイトタイガー。「キュレーター」と呼ばれる飼育員が色々やって(分かりやすく言えばちょっかい)ホワイトタイガーの本能を刺激してくれるのです。

ホワイトタイガー_まだ大人しい

ホワイトタイガー_まだ大人しい

ホワイトタイガー_本能全開!!

ホワイトタイガー_本能全開!!

上にロープが伸びているのがわかります。檻の上でそのキュレーターがワシャワシャ上下に揺らすのです。それに反応したホワイトくんが飛びつくΣ(´∀`;) その迫力は子供にはキツすぎです。ガラス張りにガンガン当たる当たる。結構な轟音が響いてました。

他にも我々の上を歩かせたりもしてくれたのですが、上手く撮れず(´・ω・`) 手前が水辺になっていて、恐らくそこに飛び込ませることもさせるんでしょうね。みんなの背中にはワニがいたんですが、この間誰も見てませんでした。

その次が「うごき」。このエリアは動物が放し飼いにされてます。

img_1767

img_1768

img_1769

最後のフクロウ、可愛かったです。放し飼いですが、触ることは不可です。ものすごい近くで感じることができます。

ここにはペンギンなんかもいました。

ペンギン

img_1773

別に専門家でもないですが、テーマに沿った動物の配置やキュレーターの動きなど非常に差別化を意識した施設でしたね。よくこんなところに連れてきたな、というのが正直な感想です。

ただ残念なのがものすごい混んでいたこと。動物たちは水の中なので会話などストレスになりにくいのかもしれませんが、人で溢れかえっていました。どうなんでしょう、入場規制したほうが良くないですかね。前半の水槽のエリアは全くと言って良いほどゆっくりとは見れませんでした。ホワイトくんも後ろの方から必死に、だし。。。

アートと謳っているならば、よりそういう配慮もいるんじゃないでしょうか。

ゴミ箱

エキスポシティ ランチ

一角にランチエリア「EXPO KITCHEN」、ららぽーと内にフードコート「FOOD PAVILION(フードパビリオン)」があるのですが、ご想像のとおり大混雑。どこも長蛇の列でした。予め順番待ちのチケットを取ってから歩くほうが良かったかもしれません。チケット番号が200までカウントされてるお店もありましたね。

比較的空いていた「結月庵そじ坊」でそばを食べてきました。

冷し山菜そばセット

冷し山菜そばセット

すみません、写真撮るの忘れてすでにかき混ぜています。それくらいお腹が空いてたということですね(´;ω;`)

ちくわの磯辺揚げが美味しかったです。

ちくわの磯辺揚げ

ちくわの磯辺揚げ

無事に食べられたわけですが、まだまだ行列が続いてるお店もありました。パンケーキのお店とバイキング形式のケンタッキーが人気でしたね。これらを狙ってる方は十分に計画、作戦練ってから行ってくださいませ。

以上で、今回のエキスポシティは終了。何度も言いますが、休日に行かれる場合は覚悟して行かれるようにしてください。

ガンダム

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする