マイナンバー通知カードを紛失した場合

はい、自分のことです。

マイナンバーカードですが、イマイチ広まってないとか使われていないという話も聞きます。まあ、免許証があれば通用しますしね。私も「要らないや」で放置してたのが事の始まりではあります。

自分は会社に提出する必要があったので、マイナンバー通知カードをコンビニでコピー。その後家に帰った後に届いた封筒に入れ、姿を消しました。他のクレジットカードの請求書やDMなんかと一緒に捨てた可能性が大でしょう。

無くても全然生活できていたわけですが、出産のタイミングで要る?!と妻に言われしょうがなく再発行に動いた次第です。

マイナンバー通知カードの再発行

再発行の方法は特に難しくなく、

お住いの市区町村の窓口で依頼ができます。

実際にやってきたわけですが、渡された紙に氏名と住所、生年月日くらいを書いて終了でした。手数料は取られましたけどね。

正直駐車場があくのを待つ時間のほうが長かったです。色んな窓口ありますが、例えば住民票の発行や相談事などと違って、そう混むネタでもないと思います。この先もっとマイナンバーが生活に食い込んできたら変わるのかもしれませんが。

担当者曰く、自宅に届くのは2〜3週間後とのことです。間に合うので気長に待ちます。

再発行の注意点

非常に簡単に終わったわけですが、注意点があります。それが「どこで紛失したか」によって変わります。

紛失場所が自宅以外の場合、再発行には警察署での遺失届(の受理番号)が必要です。自分で言えばコンビニでコピーした時に忘れてきた、といった場合ですね。

今回も担当者から「紛失場所が何処であるか」のヒアリングはされました。自分は家だったので聞かれただけでしたが、そうでない場合は違うフローになってたのでしょう。

ですので、本当に外出時に紛失した場合はモノの性質上届けが必要でしょうが、曖昧な場合はそう答えずに「自宅で」とした方が良いかと思います。あくまで自己責任での助言です。

マイナンバーを知りたいだけなら

そういう方もおられるはずです。その場合は住民票で代用ができます。

マイナンバーが施行されて記載が増え、住民票にも記載がされています。するかしないかも発行時に選べるように。なので番号だけはそれで知ることが出来ます。

住民票だと役所に行かずに出張所や駅なんかにある機械で発行できたりしますので、覚えておくと便利かと思います。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする