台風の予想進路

今年は本当に台風が多いですね。南の海上でウロウロし日本列島に近づいてきたと思ったら東北地方に上陸、こんな非常に珍しい動きをした台風10号なんてのもありました。連続して同じ地域を通過ということも多く、被害に合われた方も相当だったと思われます。

今現在も台風16号が迫っていますね。予想ですと本州に沿って移動するみたい。3連休で予定もあった方も多いと思います。自分もそうですΣ(´∀`;) どうするかはまだ検討中です。明日の朝を見てからですね。

さて今回の台風16号。予想進路の円が非常に大きいと話題になっていました。現在確認すると数日中の予想に、本州がすっぽり入る状態ですね。気になる情報ということで調べてみました。

台風の大きさと強さ

ニュースなどで耳にするフレーズですね。「大型」とか「強く」とか耳に覚えがありますが、ハッキリとわかって聞いていませんでした。

大きさと強さは以下の条件でランク分けされています。

強さのランク
ランク 最大風速
強い 33m/s以上~44m/s未満
非常に強い 44m/s以上~54m/s未満
猛烈な 54m/s以上
大きさのランク
ランク 強風域の半径
大型
大きい
500km以上~800km未満
超大型
非常に大きい
800km以上

強風域とは

風速15m/s以上の強い風が吹いているか、地形の影響などがない場合に吹く可能性のある範囲

とのことですので、その範囲内は警戒が必要になります。東京ー大阪がおよそ500Kmで「半径」ですから大型だと太平洋岸いっぱいに覆われることになります。アナウンサーなどがお伝えしている情報も主観ではなくルールに則ってコメントされています。

台風の進路予想

台風16号進路予想図

台風16号進路予想図

非常に気になる情報だと思います。毎日天気図とにらめっこ、なんとしても日曜日は来ないでm(_ _)mと空に祈ってる人もいるでしょう。

上の画像はウェザーニューズで発表されているもののキャプチャです。よく見ると色んな情報が書かれているのがわかります。数え切れず何度も何気なく見てますが、ぼんやりこういうことだろうというくらいしか知りません。詳しく見ていきます。

まず左下が現在の位置になります。そこに「赤い円」と「黄色い円」がわかると思います。黄色い円が上に書いた強風域の範囲になります。そして赤い円がそれより強い『暴風域』になります。このエリアは、平均風速25m/s以上の暴風となっている可能性があるエリアです。まさに台風のいる場所、という感じでしょうか。

そこから右上へと進路予想が伸びています。白くなっている所が台風の中心が通る可能性があるエリアです。便宜上線が引かれていますが、そこを通るというわけではありませんのでご注意を。そして24時間毎に描かれている点線の円が、中心の移動に伴い暴風域になる可能性のあるエリアになります。ここに含まれている地域の方は十分な注意が必要になるということになります。

右端の21日21時には点線がありませんが、恐らくこの頃には台風は解け低気圧(通常温帯低気圧)に変わっていると予想されてる、ということです。

番組や媒体などにより多少に違いはあるでしょうが、おおよそこの意味と思っていただいて問題ないと思われます。

ここからはもう準備をして祈るしかないですね・・・(´・ω・`) 皆様もお気をつけください。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする