ふるさと納税がなくなる?

そんなことはないでしょうが、最近色々とニュースを見かけますね。

自分もここで書いてますが、昨年度からふるさと納税利用しています。まだ一つ、お米が届いてないんですけどね。

ふるさと納税 佐賀県唐津市
ハンバーグが届きました 昨年末にすべりこみで手続きしたふるさと納税。3つの自治体に納税したわけですが、その中の一つ「佐...
京都のふるさと納税
ふるさと納税は年末までに 今年も終わりが近づき、おそらく年末調整を準備されている方も多いと思います。自分もそうです。 ...
ニュースとなっているのは自治体間の返礼品競争に総務省がストップをかけ始めたこと。およそ寄附金額の3割位を目安に返礼品を、との通達をしています。いくつかの自治体は直接通知が来たりといった状況のようです。

モノでいえば家電や宝飾品、楽器などが問題視されています。言われてみればそうなのですが、要は「転売・換金」されるものは相応しくないということなんだと思います。納税がお金になって戻ってくるのは確かにおかしい。

ただ、この競争状態を作ってしまったのもふるさと納税のルールを作った総務省かと。どこでも納税OKと言われれば、そりゃあ良い物、オトクな物に群がるのは普通の心理だと思います。

端から「縁のある地域」としてればそこまでならなかった可能性はありますが、全体の額は減っていたと思いますね。

さて今後どうなるか。注目したいです。ストップとなる前に、とお考えの方はお早めに。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする