AIで新卒採用

AIで書類選考を効率化

こういったネタ提供するには一番の会社かもしれません、SoftBankが発表しました。人工知能(AI)プラットフォーム「IBM Watson」を導入してだそうです。

さすがに面接をペッパーにさせるとかではなく、エントリーシートを読み込ませて内容を認識、評価して合否を出させるとか。なんでしょうか、おかしな日本語とかがアウトになるということなんですかね。ありえない嘘とかも見つけるのか?

こんなんで決められたらたまったもんじゃない、と思うかもしれませんが安心を。不合格となった人のエントリーシートは改めて人事担当者が確認し、合否判定をしてくれるそうです。そこからの通過率が低いと・・・将来は丸投げということもありえそうですね。

あくまでも効率化がメイン。おそらく相当数の応募があるでしょうから、いくらかAIのちからを借りて、負担軽減や期間の短縮の効果を期待してるそうです。

その後の面接等は同じようですので、その点安心ではありますが、すごい時代になりましたね。上司がAIなんて時代もそう遠くないのでしょうか。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする