凱旋門賞

今年もマカヒキが参戦したのですが、結果は残念に終わりました。公式では14着だったみたいです。直線入って追われ始めたところ、全く伸びなかったですね。

速報ではルメール騎手のコメントで「かかってしまった」と記事がありました。外枠と異質なコース形態に戸惑ったのかもしれませんね。終始外を走らされていましたし、やはりヨーロッパの競馬は、馬群で我慢して直線にどれだけ余力を残せるかが大事ですね。

勝ったのは3番人気のファウンドでした。やっぱり牝馬。結構な頻度で勝ってますよね、牝馬。キレ勝負になることも関係してるのかな。

今年からJRAでも海外のレースが買えるということで、この凱旋門賞が初となりました。結果は荒れて三連単は38万円に。当たった人凄いすね〜。この情報量じゃあ買う気にもなりませんでしたよ。

日本馬が出るレースが前提なので、基本海外馬が勝てば配当は上がりますよね(*´∀`*) 応援は応援、馬券は違うと割り切って予想するのがちょっと心苦しいか。次は香港国際競走になるでしょうか。情報集めて準備しなくちゃ。

凱旋門賞、日本馬には高い壁ですね。いつか破って欲しいと願っております。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする