飛行機にスマホ持ち込んだら罰金

Galaxy Note7の発火報告

スマホとは発火のニュースが話題となっている「SamsungのGalaxy Note 7」のこと。1次リコールをしてバッテリー交換したもののまだ収まらず生産中止となってしまいました。

そんな中いち早く米運輸省と連邦航空局は、アメリカ国内のすべての飛行機内にGalaxy Note7の持ち込みを禁止する通達を出しました。もちろん手荷物でも駄目ですし、預けても駄目。どこで発火されても飛行機ですと大惨事です。

対象は「Galaxy Note7全て」だそうで、リコールによる交換品だとしても不可だそうです。こういう点は徹底してますね。

もし持ち込んでしまった場合。罰金を科されるだけでなく刑事罰を処される可能性もあるみたいですよ。さすが裁判大国ですね〜。ホントかどうかはわかりませんが、罰金が日本円で1,800万円にもなるなんて記事も見かけました。あいつらパねーっす(^_^;)

日本はどうなのか

「アメリカはやっぱり凄いね〜」と対岸の家事を装いたいところですが、そうともいきません。アメリカがこういったことを始めたというわけで、「機内持ち込み禁止」の流れが世界に広がっています。

これまでに

  • エアアジア(マレーシア)
  • シンガポール航空 カンタス航空(オーストラリア)
  • エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)
  • ヴァージンアトランティック航空(英国)
  • マレーシア航空
  • 全日空
  • ニュージーランド航空

これらの航空会社が機内の持ち込みを禁止しています。すでに全日空も入っています。これを書いてる時点でも増えてるかもしれませんね。

Samsungも改良を試みたものの失敗に終わったそうで、すべての製造と販売を打ち切ると発表されました。

ユーザーには全く責任はないのですが、、、持ってる方は「残念な」検討を早めにするほうがよろしいかもしれませんm(_ _)m

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする