城崎温泉の旅館「泉都」に

一番好きな温泉街「城崎温泉」

今年のGWは城崎温泉に旅行へ行ってきました。大型連休もあり少し足を伸ばしてます。

城崎温泉とは兵庫県豊岡市にある温泉街で、その場所は日本海にほど近い場所にあります。歴史は1,300年もあり平安時代からになります。特急にもなっていますが、コウノトリが傷を癒やしていたことから発見したとの伝説もあるみたいです。

江戸時代の温泉番付では西の関脇だったとか。大関は有馬温泉とのことですが、自分は雰囲気含め城崎温泉の方が好きですね。立地は有馬温泉の方が良いかもしれませんが。

城崎温泉といえば外湯めぐり

7つある外湯を巡るのが城崎温泉の基本。中心を流れる大谿川(おおたにがわ)を挟んで両岸に旅館が広がっていて、そこから各々が好きな温泉に行くのです。浴衣を着て下駄を履くのが正装だとか。「カランコロン」と街中に響き渡ります。

面白いのがその外湯には下足番と言われる人がいます。下駄を預かってくれるのですが、帰る際に着ている浴衣で旅館、ホテルの下駄を素早く差し出してくれるのです(恐らく自分が履いてきたものとは限らないはずです)。これも数百年続く伝統かと思うと感慨深いものがありますね。

他にも伝統と言えば、昔ながらの遊戯場が街にいくつも残っていて今も営業しています。人がいつも多くて自分は楽しめてませんが、射的とかパチンコとか賑わってますね。

一方で近代化してる部分もあります。旅館でバーコードの書かれた券を渡され、外湯に入る際にかざすところがあって旅館の名前が表示されます。恐らく何らかのデータを取ってるんでしょうね。またキレイなバーなんかも新しく出来ていて地ビールを飲めたりもしました。

こういった街なのですが、自分は好きなのです。そんなたくさん温泉街に行ったわけではないですが、「まさしく温泉街」と感じられるところです。

7つの外湯

これを一回ですべて回るのはかなりの労力。もう少し若さがいるかとΣ(´∀`;) 端と端だと結構離れていたりします。

最近珍しくなくなったスーパー銭湯。それと比べるとどこも小ぶりなお風呂です。昔ながらな温泉ですし、お客さんが分散することも想定しているのだと思います。GW中なこともありどこも混んでいたのは正直残念ではありましたが、仕方ないところです。男性はいいのですが、女性は洗い場の順番待ちが大変みたいです。

そんなわけで外湯をそれぞれ簡単に紹介したいと思います。

泉質・効能

・泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物・高温泉

・効能 神経痛・筋肉痛・うちみ・慢性消化器病・痔病・疲労回復

一の湯

開運・招福の湯
合格祈願・交通安全

営業時間:7:00〜23:00
定休日:水曜日

御所の湯

美人の湯
火伏防災・良縁成就

営業時間:7:00〜23:00
定休日:第1・3木曜日

まんだら湯

一生一願の湯
商売繁盛・五穀豊穣

営業時間:15:00〜23:00
定休日:水曜日

さとの湯

ふれあいの湯
自然回帰

営業時間:13:00〜21:00
定休日:月曜日

柳湯

子授けの湯
子授安産

営業時間:15:00〜23:00
定休日:木曜日

地蔵湯

衆生救いの湯
家内安全・水子供養

営業時間:7:00〜23:00
定休日:金曜日

鴻の湯

しあわせを招く湯
夫婦円満・不老長寿

営業時間:7:00〜23:00
定休日:火曜日

スタンプラリー

期間限定かもしれませんが、外湯めぐりのスタンプラリーがされてました。入らずとも入り口まで来れば、押せる簡単なものです。

挑戦してみたんですが、見事失敗w 営業時間を計算に入れずにまわっていたので・・・。午後からとか早めに閉まるとかありますので、もしされる方は計画的に巡ってくださいませ。

泉都

城崎温泉街の中心に位置する「泉都」を今回の宿に予約しました。実は前回訪れた時は端っこの旅館だったため、散策にちょっと面倒だったのです。今回の泉都は、御所の湯の目の前にある旅館でアクセスは抜群です。

露天風呂付客室

しかも特別室と呼ばれる露天風呂付のお部屋を予約。したのは連れなので事後報告だったわけですが、たまにはいいですよね、こんな贅沢(*´∀`*)

部屋にお風呂がついているわけですが、館内にも大浴場もあります。城崎温泉のルールで内湯に温泉を引くことはできないので”大きなお風呂”なだけですが、逆にこちらはゆっくり利用できたりといったメリットもあります。

恐らくどの旅館にも内湯はあると思います。先に書いた通り外湯は時間によっては混みますので、浸かることをメインにして洗いは内湯の大浴場で、というのもオススメの歩き方かと思いますね。

食事

仲居さん聞いたのですが、お客さんのピークはカニの時期なんだそうです。確かに日本海に面してますし、近くに大きなカニのモニュメントがある「海の駅」なんてお店、お土産屋もありました。

少し時期外れてはいますがカニ料理を堪能。鍋が出てきましたが、ギリギリですね、5月は。でも美味しかったですよ。

>>【楽天トラベル】城崎温泉 泉都

城崎温泉に思うこと

久々の訪問でしたが、やっぱり良かったです。この雰囲気が好きですね、自分は。GWでしたので静かにゆっくり、とはなかなかいきませんでしたが、これは仕方ないところです。人気がないと続けていくのもシンドい時代ですし。

そんな城崎温泉にあえてお願いできるのであれば「自家用車」の処遇かと。自分も車で行っておいてなんですが、はっきり言って邪魔です。外湯がメインですから旅館にチェックインしてその施設内で完結とはいかないのがこの温泉の特徴であり押しです。そんな中で歩道もない道路に人が溢れ、そこを少なくない車が通るのはどうなんだろうと非常にストレスを感じました。

休日ということで、街の両サイドにある学校の校庭が無料開放されていたみたいですが、むしろ入れさせないくらいにしても良いかと思います。駐車場はもちろん足りないですが、例えば数駅離れたところに降ろさせ、バスや電車で行くとかね。

一筋縄ではいかないでしょうが、あの道を車を気にせず自由に歩けたらもっと面白い街になる、と感じてやまないのでした。偉そうに失礼しました。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする