秋芳洞に行ってきました

夏に帰省した時にいつか行こうとこちらも思っていた秋芳洞に行ってきました。前日の角島のリベンジじゃないですが、洞窟ということである意味屋内ですから天候も心配ありませんw絶対涼しいはずで暑い時期にオススメの観光スポットです。

秋芳洞は山口県美祢市秋芳町にある日本最大規模の鍾乳洞。全長は8kmに渡るとか言っていました。その中の1kmくらいを歩くことが出来ます。ちなみに読み方は「あきよしどう」や「しゅうほうどう」と読みます。どちらでも変換できるはずです。

百枚皿 IMG_1699

スマホしか持って帰っていなかったので暗めの写真に。ちょっと失敗でした。数々な鍾乳石の神秘的なのが伝わるかどうか。

大黒柱 IMG_1702

秋芳洞の入り口

秋芳洞正面入口

初めての人はわかりにくいそうで。例えば車のカーナビを頼りにされた場合、「秋芳洞」で検索すると洞窟に目的地が設定されるはず。すると最寄りの道路、カーナビが最後ガイドを辞めるところですが、それが現在地に一番近いところとなるはずです。そうなると今いる場所によって異なる場所に連れて行かれるんだと思います。

入り口は全部で3ヶ所あります。違いは洞窟内のどこにつながってるか、です。目的地を駐車場に設定するとうまく案内してくれます。

  • 秋芳洞正面入口
  • エレベーター入り口
  • 秋芳洞黒谷入り口

位置関係ですが、公式サイトでマップがありますのでそちらを参考にしていただけると詳しいです。洞窟をアルファベットの「Y」の字とすると、下の棒が「正面」、右上が「エレベーター」、左上が「黒谷」のそれぞれ入口になります。

黄金柱-正面からだと一番奥にあります。

黄金柱-正面入り口からだと一番奥にあります。

注意点は入り口から他の入り口に向かって上り坂になっている点です。上りはキツいという方は逆からが楽ということになりますが、常時下が濡れてますので滑りやすいかもしれません。また折り返すのも結構な距離でどうするのかを考えておかなくてはいけません。個人的には半々くらいですかね。来た道を戻る人、反対側の出口で出る人。

反対側ですともちろん駐車場も遠いです。なのでバスやタクシーで戻るということになります。

ちなみに今回は正面から入って黒谷から出ました。そこでタクシーを拾って秋吉台の展望台へ。そして再度タクシーで正面入口の駐車場へ、というルートでした。後から気付きましたが、秋吉台に行かれるならエレベーターで出るのが良かったかもしれません。

秋吉台展望台 秋吉台展望台2

秋芳洞の料金は

入り口は複数ありますが、料金は同じです。団体ですともう少し安くなります。

秋芳洞料金【個別】
種類 料金
大人 1,200円
高校生 1,200円
中学生 950円
小学生 600円

歩き疲れはしましたが、とても涼しく心地よい疲れでした。やっぱり夏こその観光スポットですね。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする